ノリでマンションを買って勢いで売った話

神奈川出身の私は大学卒業に埼玉の会社に就職しました。
当時は何故か神奈川から埼玉を余裕で通えると思っていましたが、半年も経たずギブアップとなりました。
そこからアパートを借りて一人暮らしを始めて1年たったある夜、マンションの訪問販売がありました。
「賃貸にお金払うなんて勿体無い。
マンション購入してローンを払い終われば最後は資産になりますよ」と言われて、なるほどそうかと納得して、24歳で3000万以上のローンをして購入しました。
3LDKの優雅な一人暮らしを満喫していた私もついに30歳で結婚することになりました。
しかし、結婚するにあたり、若気の至りで買ったマンションが彼女のお気に召さない事態となりました。
お気に召さないのならば仕方ない、売却しようと売りに出したところ、あっさりとマイナスを出さず売れちゃいました。
こんな風にノリと勢いだけで不動産の購入、販売を経験することが出来ましたが、実際は中々のストレスがかかるものでした。
額が額なだけに失敗なんじゃないかと不安になるものです。
ただ、最終的な結論は周りの相対的評価で成功、失敗を決めるのではなく、自分の絶対的評価を大事にしましょう。
私の次回の不動産は一戸建ての購入です。
マンション購入では身の丈に合わないローンで苦労したので、戸建ては経験を踏まえて選びたいと思います。